てこごしい

友人が手作りの品を持ってきてくれました。

赤カブの漬物。野生のきのこの塩漬け。
シフォンケーキ。

最近料理らしい料理を作っていない私には
あー、と思う瞬間でした。

以前は家族も多かったということもあって、
よく手作りをしました。

でも最近は・・・
炒める、煮る、蒸す
時短ばかり考えてる。

で、その友人に
「まあ、てこごしいこと!」
と言ったら、
「???」

そうか、彼女は三重県の人じゃなかった!
方言なんですね。

「てこごしい」

大正生まれの今は亡き母が良く使っていた言葉です。
いい意味で使うのですが、
本当のところはどうなんでしょう。
まめな、とか、手間いりなことをかいがいしくやる、
みたいな意味で使っています。
もちろん褒め言葉で。

娘たちももうこの言葉は使いませんね。


そういえば、語尾に「やに」とつける。
これは意識していなかったけど、
本当に方言なんですね。

大阪に住む5歳の孫に私の方言を
いろいろ指摘されます。
「ばっちゃん、そうやにー、ってへんや!」

孫は私と遊んだ後、私の方言を使って
おもしろがってしゃべるそうです。

短い時間で、言葉の違いを学習するんですね。

 うちの孫は天才じゃないか・・・

世間のどのじいちゃんもばあちゃんも
そう思ってんです。


我が家のおばけシイタケ
大味ですが、美味しく頂きました。
PB213477.jpg
我が家 ウッドベリーへ
プロフィール

tomeve

Author:tomeve
三重県菰野町の手づくり家具やウッドベリーの「森の中のふたりと4匹」の物語を綴っています。

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR