FC2ブログ

再生

古くなって住まなくなったご実家を
取り壊した際に、
残しておかれた太い梁。
30cm四方もある、材は松でした。

ご縁があって、
その梁を使ってローテーブルとローチェアーを
お作りすることになりました。

表面をきれいに洗って、
古釘や、刃物のかけらを取り除くと
大工さんが墨で書いたであろう文字が現れました。

製材すると、新築の時の木肌が
よみがえりました。

何と言ってもこの点が無垢の材の良いところ。
合板とは違うところです。

PB041882.jpg
和風っぽく見えますが、ロースツールと合わせると
新しい洋風のお宅にもマッチしました。

PB041898.jpg

スツールの上に柿の葉っぱが落ちてきました。


PB041887.jpg




大工さんが残した文字は
テーブルの底にもっていきました。
PB041893.jpg


おそらく100年以上前に、
この国のどこかで芽を出した松の木が

息を吹き返しました。


我が家 ウッドベリーへ
プロフィール

tomeve

Author:tomeve
三重県菰野町の手づくり家具やウッドベリーの「森の中のふたりと4匹」の物語を綴っています。

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR